くりくら日記

Twitterのことでお知らせ
こんなお知らせばかりで本当に申し訳ありません。
まず、先日から繭木へのなりすましや中傷などの嫌がらせがあり、一時的にTwitterに鍵をかけたりしております。

先日紹介したサポートメンバーのステラさんも、TwitterのDMを中心とした複数のアカウントからの嫌がらせを受けていました。そのため、今朝Twitterをやめ、アカウントを削除しました。
するとつい先ほど、鳥島とせきうのアカウントが(StellaPoetry工房@Stella)@Rinnestellapoet
というアカウントからフォローされました。
本人に一応確認したところ、それは偽物であるということでした。


アイコンのイラストもヘッダーの写真も、ご本人のものを無断転載しています。

こういったことが続くため、先日より法的機関及び警察への相談をしておりました。
一昨日ちょうど、警察の方から「こういった場合には、相手がTwitterというツールに完全に依存しているので、被害者がまず第一に取る対策として、アカウントを削除することをすすめている」と言うことを言われたばかりだったため、鳥島繭木両名もアカウントを近日中に削除するつもりでした。(また改めてお知らせさせていただきます)

が、ステラさんがアカウント削除して半日もせずになりすましが現れたので、私達が削除した暁にも、多分なりすましがゴキブリのようにウジャウジャ発生するんだろうなぁと思います。そうなった場合………どうしたらいいんですかね?
とりあえず、我々は脱力しつつ爆笑しました。
お察しください。
中の方はご想像にお任せします。
なんかカルフォルニアとか書いてあるそうな…遠いところからわざわざご苦労様です…大草原不可避

何故このようにわざわざ記事にしたかというと、先日サポートメンバーであると発表したばかりのステラさんのアカウントということで、事情を知らない方がフォローしてしまってはいけないと思ったからです。
今後ステラさんはTwitterをやらないと仰っているので、もしこういったことがあった場合、それは彼女のなりすましであると判断していただければと思います。
多分なりすましの方は、アカウント消えたり現れたり、鍵かけたり閉めたり忙しないと思います。

こんな馬鹿みたいなお知らせばかりで本当に申し訳ありません。
色々難しい状況のため、イベントになんとか全員で参加できれば今回は合格だと、そう思うことにしています。
*******************************************

こんなお知らせばかりではあまりにも…なので、ステラさんの作品について少しお伝えします!
今後は、レジンなどを使ったKrik/Krakイメージのアクセサリーを発表していく予定です。
フェイクスイーツに関しては、教室に通われ、免状もお持ちなので、確かな技術がある方です。
私は、レジンに関しても、えええこんなに綺麗なものなんだ…!(あれ…しろうとの繭木さんが作ったものと…全然…違…?)と思いました(≧∇≦)
我々は本当に素人の分野なので、こんなことってできますか?と色々聞いてわくわくしたりしています。

以前作っていただいた、黒い森イメージのフェイクスイーツミラーの写真を、すみません今上手くいかなくてこちらに乗っけられてないんですが、Twitterの方で試みてみます!すみません!
薔薇を一枚一枚手作りすると聞いてすごくびっくりしました…




駆け足になりましたので、ステラさんやせきうさんに関しては、また改めてご紹介させて頂きたいと思っております。

(鳥島)




19:44 | 諸々お知らせ | - | -
2.8mileさんの楽曲、『FairyRing』に対するKrik/Krakからのお詫び
こんにちは、繭木です。ツイッターではお話しとお詫びしたのですが、きちんとこちらにも残すべきだと思いまして。

2.8mileさんは、基本的にはよっちさんとはるくんのおふたりが主メンバーですが、基本的にはクレジットには作詞誰、作曲誰、というふうにわけては書かれません。
それは彼らが個人を超え、一体となって常にものをつくっているから、というポリシーだからだと思います。

ただ、今回は、歌を歌ってくれているボーカロイドさんがいました。
だから、彼女の名前はクレジットに外部の人、ボーカルとしていれますか?と私は聞きました。
(わたしはボカロをよく知りませんが、シンセではなくひとりの立派な歌手としてとらえたがるタイプの人間なので)

FR歌ってる歌手としてミクさんの名前だけは書く?
彼女は、それは書かなくていい、とだけいいました。
んじゃ、ボーカルも2.8mileでいいんだね。うん。というやりとりが、制作掲示板にてありました。

それを見ていた鳥島は、ずっとミクではないんじゃないのかなぁと思っていたらしいのですが、でもにはちさんの回答から、やはりミクなのか。そうだったのか。ずいぶん調整次第で違う声に聞こえるんだな。
自分の耳も適当なもんだと思ったらしいです(今思うと、なぜここでそれを書き込んでくれなかったのかぁぁぁぁぁ)。
…と、責任転嫁してもどうしようもないんですが…

とにかくですね、FRのボーカロイドは、IAさんと、結月ゆかりさんです!!!!!!!


こっ、これについては、クレジットにも書いてないし、厳密には間違いではないんですが、間違いではないんですが、でも私がブックレットの方にですね、短いおはなしをインストの間に書いてるんです。
U.Pが、演者たちを見て、いろいろ心に思うことをなんとなく語るようなものを。

…そこでおもいっきり、ミクを連想させる描写の娘が歌っていると書いてます。

ああああああああ。しにたい。

2.8mileさんごめん、ほんとうにごめん、謝りきれないことだけど、私の確認の仕方よほどおかしかったですか?
なぜこんな行き違いが起きたのか!!私はもうほんとに事実を知ったとき青くなりました。

ごめんなさい…まゆきは、ボカロはミクさんしか知らないし、耳も悪くて、誰が誰の声とか、聴き分けるのとても苦手です…

たぶんこういうことが積み重なって、わたしはいろんなひとを傷つけているんだろうなあ、と思って、落ち込むことのひとつです。

盤面で、Mairéadさんのチョンが抜けてたり、えすかさんのことをまったく存じず、よっちさんから渡された通りのクレジット表記にしてしまい、Escarmewさん、と。
自分で、サークル名とアーティスト名が別にあることを存じていれば気付けたのに。それを知らなかった。
自分の無知さ、他者への無関心さに、本当に恥じ入るばかりです。

ただ、なぜ誰も気づかないのよ…とも、思います。大人数で作ってるのにふたつも重大なものがミスってるの、誰かひとりでも見本事前に出した時点で気付いてよおおお!!!
いくらでも直せたのにいいいいいい!!!!
という、この点に関しては、ザルチェックをした全員が悪い、という、考えも持っています。
もちろん最初に間違えた私が悪いのは大前提ですが!!!!
そのうえで、やはり、主催者様には、ここだけはどうか厳密に確認してほしかった、と思う点でもあります。
代わって、おふたかたに、心からお詫びします。
えすかさんは快く許してくださいましたが、Mairéadさんには、今後の代表者様への謝罪の際、お詫びさせていただく所存です…

お名前を間違えるなんて、本当にあってはならないミスでした。

なお、Escarmewさんの件は、CD盤面データの入稿後、ブックレット作成中に私が特設サイトの横のリンクの表記を見て、ん?と気付き、よっちさんに問い合わせ、発覚!!!!という流れでしたので、ブックレット内は、ちゃんとなってるのだけが救いです…

本当に申し訳ございません!!

(繭木)

★5/17に、リスナー様より、権利者の許可なくボーカロイドを『歌手』という扱いで書くのは良くないとご指摘を受け、修正しました。
ご指摘そのものはずっと前から丁寧に頂いていたのに、直せなくて、すみません。


19:04 | 諸々お知らせ | - | -
ケルトコンピの海外勢のことなど
こんにちは、繭木です。
まずは取り急ぎ、皆さんの疑問を払拭するためにお伝えすべきことだと思われる件について、簡潔に書きますね。

会場でもメールでも、疑問を何度か頂きましたが、Krik/Krakブースでは事情が分からず答えられなかったこと、お詫びいたします。
昨日、はっきりと主催者2.8mileさんから頂いた回答をここに記しておきます。
今回、わたしたちは全く知らなかったのですが、参加メンバーを見て、海外のケルト音楽に詳しい方からはどよめきが上がりました。
え?と思っていたら、物凄く有名なプロの方だったそうです!それも3名とも!どういうこと!?どうやって呼んだの!?などと、詳しい方はかなり騒然となったそうです。

そして、それと同時に、一抹の不安も抱いたと。『そんな大御所が参加しているのに、どうして2.8mileさんは宣伝しないんだろう?本当に大丈夫なのかな?あまりにも大物すぎるぞ?』と。

実際、その件必ず明らかにしてくれと、メールをくださった方もいらっしゃいます。
にはちさんの入院のことを私のツイートで知っているから、まずこちらを先に窓口にと。

海外勢に感想送りたいけど、本当に大丈夫なのか。
主催に以下の件確認してくださいと。
そして必ずまずはKrik/Krakからの返答くださいとのことでした。
というわけで、昨日、2.8mileさんにきちんと聞くことができました。
彼らは真摯に即答してくれました。
以下にそれを、お答えしますね。
さすがに丸々コピペはしませんが、にはちさんからの正式な嘘偽りのないご回答としてまずお受け取りください。

おそらく、主催者側からのアナウンスもまた出るはずです。
よっちさんのお加減があまり良くないので、すこし時間がかかるかもしれませんが…代わって、皆様のご不安をわたしたちが拭います。

以下、昨日、主催者2.8mileのはるくんがすぐに答えてくださった内容です。
正確なる代弁者として、限りなくそのまま、載せますね。
ですので、『弊サークル』というのは、2.8mileさま。『貴サークル』というのは、うち、Krik/Krakのことを指します。


★★★★★★★★★★★★★★★

・彼らをどのようにして呼んだのか?→国内からの他参加者様と同様に弊サークル特設サイトの公募をご覧いただいて先方から参加希望の連絡を頂きました。

・弊サークルと海外参加者様はどのような関係か?→コンピレーション主催者と参加者の関係です。あくまで今回限りのご縁で特別なコネクションがあったというわけではございません。
そのため、他のサークル様へのいわゆる口利きなどもできかねます。

・海外参加者様の報酬はいくらか?→他の国内参加者様と同じです。

・著作権について問題はないのか?→ございません。
今回はあくまでコンピレーションアルバムに楽曲を寄与して頂いただけで、楽曲の著作権を参加者様から弊サークルへ委譲して頂くなどということは一切しておりません。

・販売権についても、問題ないのか?→問題ない旨を申し上げておきます。

・有名なアーティストを起用しているにもかかわらず、弊サークルからの宣伝が少なかったのは何故か?→大変お恥ずかしいのですが、私たちも繭木様と同様に彼らがそれほどに有名な方だということを存じ上げていなかったからです。
私たちの認識としては「プロで活躍されている方が偶然にもこちらの公募を見てアルバムに参加して下さっている」という程度の認識でした。

・海外参加者様から曲提供についてのアナウンスがなかったのは何故か?→申し訳ございません。
これについて参加者様の判断によるものなのでわかりかねます。
なお、海外参加者様との連絡についてですが、2.8mileと三者それぞれとのやり取りではなく、海外参加者3組との連絡をまとめて取り仕切る代表者1名の方と2.8mileとでやり取りをしておりました。

しかし、製作過程の遅れから不安を抱かせてしまい、それが理由でその方との連絡が完全に途絶えてしまいました。(メールをお送りしても、そのまま返ってきてしまうため、受信拒否などをされてしまっていると思われます。)

ですから、大変恐れ入りますが謝罪をされるということであれば、貴サークルからメールにてご連絡頂ければ幸いです。

この度はご心配とご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ございませんでした。

★★★★★★★★★★★★★★★

との、ことです。必ず回答を、と仰った方には昨夜すぐメールを差し上げました。
通販より優先となってしまい申し訳ございません。
これでその方も、皆様も含め、ご安心をいただければと思うのですが…

これが主催者様からの公式回答です。

最後の部分、対外的にこうして載せる意味があるのか、ということに非常に悩みましたが、私が以前、M3直後に、ツイッターで非常に興奮して、どなたかわからない参加者さんへ呼びかけたことを覚えておられる方はおいででしょうか…。

本当にお恥ずかしいことをした、コンピ参加者としてやってはいけないことをしたと、今は恥じています。
ただそのときは、必死でした。

(あと自分がすべて悪いとはいえ連日の徹夜が続き、相当肉体的にも精神的にもキており、また私は基本的にかなり口が悪い人間で……ああああ、しにたい、ほんとうにすみません、あのときはもう、あれしかないと思い込んでしまった。完全な視野狭窄でした。とりさんにも幻滅され、何であんなこと勝手にしたの、もう解散するよとすら言われる始末。解散は、まあわたしが心を入れ替えるならと一旦思いとどまってくれましたが…)

そして、心あるリスナー様からも、心ある他の参加者様からも、どんな理由があろうと、あの場であんな訴えをするのは、作品を楽しみにしてくれている人に不安を与える以外のマイナスの意味しかないんだよ。と優しく諭されました。

ほんとうに、そのとおりでした。

申し訳ありません…一時の激情に駆られて。
誰かがわたしの言葉足らずのツイートに即反応して、主催たる2.8mileさんへ激怒のクレームを入れたと聞きまして…

それ以前からずっと、Krik/Krakひとりのせいで制作が大幅に遅れていることについてずっと激しい不満を持っている参加者がいる。
いまだにジャケ絵が上がらないなんて信じられない。こんなコンピきいたこともない。信じられない。
その方はそう何度も2.8mileさんを罵倒し、とうとうメールの着信さえ拒否されていると。
その人が怒っていたのはわたしたちにだった。
でも、よっちさんはずっとそれを伏せて対応してきた。
ずっと私たちをかばい続け、信じて待ってやってくれと言い続けてくれたそうです。
これが主催の役目、怒られ役はわたしがするからね、と。
その方はどなたですか、直接どうか綾ませてくださいと頼んでも、よっちさんは私たちを、あるいはその方を慮ってか、教えてはくれませんでした。

その話を、以前から伺っていて…そして、参加者様に、マスタリング済みの、その時点ではまだ修正可能なデータが共有されていなかったではないのか?そして、最悪、このCDの内容自体さえ…という可能性が、本当にイベント直前に、ふと、わたしたちのもとにまさかの疑問として舞い込んだのでした。
わたしはずっとそれが不安だった。
なにもかも、主催者とよく相談しあって、快諾されたことだけやってきた。
人と関わる以上、人の作品を預かる以上、勝手なことをしてはいけないと絶対思っていたから。

でもそれは全部、私の勝手な思い上がりで、自己満足で、誰かを徹底的に踏み躙っていたのだとしたら?
そして、そんな最低の行為の上、私が怒られず、2.8mileだけが直接の罵倒を受けるの?

そんなのはおかしい!!!!まちがってる!!!!私と話してください!!!今見てるんでしょう!!!
これを見てるんでしょう!!!あなたは誰なんですか!!!私と話せ!!わたしたちだって、悪いと思ったから、製作費もたくさん立て替えて、必死になってやってきました!!あなたと話す権利くらい、あるはずだ!!

……といった、愚かなことを。必死になって、ツイッターで、喚き散らしました。
皆に諌められても、そんな繭木さん見たくないとまで悲しく宥められても、どうしても頭を冷やすことができなかった。

私は愚かでした。
そして、各自紆余曲折はあったけれど、国内の参加者様、主催者様、だれも作品に不満を抱いていないとの確認が取れました。
だから、みんなでリスナーさんの不安を拭って、堂々と売っていこうねと。

その通りだと思いましたので、一連の己の発言を消しました。
わたしは、基本的なポリシーとして、どんなバカなことでも、一度書いたことを消すのは無責任だと自分では思っています。
あくまで、自分のことです。
でもこれは、いろいろな方に迷惑がかかることだと思ったから、消しました。

でも、本当に不満を抱いていらっしゃったのは、この、海外組との交渉役様だったのですね…

昨日それを知り、呑気に、問題が解決したと思っていた自分が情けなくなりました。

はるくんの言うとおり、メール着信拒否されているなら、私たちから今こそ直接謝罪しようと思っています。
きちんとこれまでの経緯を説明し、こちらの遅れの非と、無事CDが発行されたことと、献品とお詫びをしたいことなど含め、きちんとした謝罪をしようと思います。
私たちの所業を理由に、2.8mileさまが不当に評判を落としてしまったことが、本当に申し訳ないです。
またお相手がプロの高名なアーティスト様と知った以上、かならず、きちんとした立場の人間が、単なる同人サークル代表者としてではなく、社会人としての対応を致しますので、ご安心くださいませ。


……と、ここまで長々書いてきましたが、わたしは先程のポリシーに基づき、また、今回のことを己への戒めにすべきだと思ったので、何の記録も取らず、一連のツイートを消してしまったことをひどく悔みました。

ですので、知人友人、ある程度お付き合いのある方にはすべて、即日DMを送らせていただきまして、恥ずかしながら、一連のあのわたしが暴走したツイートの記録を残している方はおられないか。と尋ねました。
本当にお恥ずかしい話ですがっ!(そのせつはみなさま、ほんとうにすみません…)

幸い、三名ほど、いらっしゃいました。
また、データをお譲り下さり、必要時にはいつわたしが公開しても問題ないと許可も得ています。
ここに残すのは、一番画質がよく、またたくさん残っているものです。
ある程度、というか、私も興奮していて覚えていないのですが、たぶんかなり、発言全部からは抜けがあります。切れて読めない部分もありますし。

ただ、わたしが意図的に自分に不利な発言を隠蔽したとはどうか、思わないでください。
己の恥部を晒すことを、せめて誠意の証と思っていただければ幸いです…
そして、諌めて下さったかたのアイコンやアカウント名は伏せさせていただきました。
(さらに、ここには残っていないのですが、「おまえはなにか関係があるのか?と聞いたのは、あなたを疑っているわけではなく、つまり、関係ないやつは今邪魔だから引っ込んでろという意味だった、言葉足らずだったようだな、すまない。すっこんでろ」(たぶん、ほぼ原文)などと発言した記憶があります)

私の愚かさの証として、やはり、消してはいけないものだったと思い、以下に残しておきます。
繰り返しますが、連日の徹夜と長旅とカフェイン剤連投で疲弊しきった上に興奮しまくったわたしが、かなり口汚く、もはや喧嘩腰で(あやまりたいんとちゃうんかい、おまえといまはおもう、でもほんとうになにがなんでもあやまりたかったのだ)怒鳴り散らしているツイートですので、御気分を害されるかもしれません。

でもこれも、私の一面です。というか、なんというか、たぶん素です。

ほんとうにすみませんでした。大人になります。
ご興味のある方だけ、ご覧ください。そして、CD自体には問題はない、権利問題などは問題ないということもはっきりしたことを、どうか、ご安心ください。


続きに頂いていたツイートの画像を貼ります。
かなり見づらいです。そして、やりとりに多少の前後などありましたら申し訳ありません。






続きを読む >>
15:33 | 諸々お知らせ | - | -
いろいろなことや、完売品『Sette Colori』および、『Nursery Rhymes』の再版について
こんばんは、繭木です。

先日から、ツイッターで、完売して久しいセテコロ欲しいなあ、という話がちらほらと出ていました。
そして、Nursery Rhymes無印も。

作ったこちらといたしましては、本当に拙くて、ただただ本気で必死の作品で、誇りこそすれ黒歴史では断じてないんですが、ただもうとにかく歌がヤバイとかですね、絵が下手とかですね、仕様が気がくるっとるとかですね、いろいろあるわけです。

当時は、今ほどの頒布数もなく、どんなに赤字でもキチガイ手作りでも自分の満足のいくものを作りたい、と思って、わりとめちゃくちゃな仕様・値段でやっていました。

特にセテコロはもう、ほんと歌ものすごいですし。

時を経て語られる、リスナーのさまざまな率直な声:

「聴いてあまりの下手さにびっくりしてそっとケースを閉じて二度と開かなかった。ないわと思った。のちに、オフィーリアの涙をたまたま聴いたとき、かなりマシになっていて正直驚いた」

「素人の割にメロディーいい感じだが、歌やばいからがんばれと思った」

「正直きついと思った」

「NRからならなんとか耐えられるが、セテコロの歌唱力は正直に言うと好意的ファンの俺でもかなり苦痛」



要約ですが大体こんな有難い意見が出ております!!!!制作者に直接これを言ってくれる、お前らが大好きだ!!!!!(いろいろな涙)


いいですかそれくらい歌はへたです。
また、ド素人が自分たちで必死で見よう見まねで打ち込んで歌詞書いて録音して手焼きして売ってた代物です。
(のちになぜか欲しいと言われるので不可解に思いながらもプレスした、今でも信じがたい)

なお当時私たちは初参加のM3にて、とにかくこれを作ることに精一杯で、まったくろくすっぽなんの宣伝もできず、しかもディスク2に直前で欠陥があったので持って行けず、二枚組ケースの一方はカラ。
そして謎の本と巻き付けられたすごろく。
そんなものを必死に東京までとにかく持って行ったのでござる。

とにかく、ディスク2が存在する。ほんとにある。それを必ず送るので絶対送るのでここに住所氏名を書いて下さい。
そう言いながら必死に購入者にノートを突き出す怪しい二人組。全くの無名。サークル的知人ゼロ。
しかし、まさかの30名以上というキワモノ、いやツワモノな購入者たちは、お、おう…という感じで、戸惑いつつも意外と素直に全員がそれに従ってくれたのでした。

なにやってんだクリクラ。はじまりから、どうしようもねえこのサークルです。
なお今もあまり変わっていない様子。成長しない。
今回酷かったですよね、ほんとうにすみません…死にかけの参加でした…
助けてくれた多くの友人、本当にありがとう。おまえらはあたまがおかしい。
無償でこきつかわれて恥ずかしくないのか。今度なんか礼をさせてください。…出世払いでおねがいします…


ええと、無駄話というか、思い出話をしてしまいましたね。

とにかく、皆さんのいろいろな、ほんとうにいろいろな心のこもったご意見とかですね、あと、なんだかどこぞでプレミアがついてるとか(あのへたなうたに!!!!!!!!!!!)、いろいろと現状を伺いまして。
クリクラは驚いたわけです。
ふたりで頭を寄せ合ってまあそれなりに相談しました。
三人いれば文殊の知恵ですが、たぶんふたりなので、永遠にちょっと足りない子のサークル感が否めないのだと思います。

ですので、完売となった『Sette Colori』および、『Nursery Rhymes』について、再版を真面目に考えることにしました。


すぐに、とは参りません。すみません。勿体ぶるわけではなく、いろいろと制作にも都合がありまして…ごめんね。
ただ、再版します。
しかし前述したように、当時とは有り難いことに頒布数が変わってきたので、ひとつひとつ特殊仕様ででたらめな手作りをしたり、ということが難しくなってきました。
あと、プレスをすれば当然たくさんの在庫ができます。手焼きではちょっと対応難しいでしょう。
最も好意的な連中からあれだけ素直にボロカス言われる歌がそんなに売れてたまるか!!!!
というのも、皆さん賢いから、言わなくてもわかりますねっ!!(言ってる)

実際、一度目のプレス版セテコロを再版したとき、印刷所さんの商品内容も変わっており、ブックレットやウォーカーは全く同じものにはできませんでした。
たぶん紙の種類とか、実際かかった値段とか、微妙に変わっているはずです。
(現物としては、このあたりの差異はたぶん、ほとんどわからない範囲ではないかと思われますが)

今回再版をする場合、両方とも、昔のそのままのかたちで、というのは難しいことだと思われます。
どうかご理解ください。
しかしわたしはコレクター。
どんなにキモい歌でも、下手な絵でも、意味の解らんすごろくでも、昔のものがそのまま欲しいんじゃああ!!という方がいるであろうこともわかります。
ですので、何らかの形で、昔の要素は絶対に何一つ落とすことなく収録します。
その上での仕様変更をお許しください。

そして、作り手としては、黎明期のものをまた引っ張り出すのなら、何か新しいものをいれたくなるのも人情です。
たとえばリメイクとか。たとえば新曲とか。たとえば新規絵とか。
そういったことで、簡単にほいっとそのまま出してこられないことをご理解いただけませんでしょうか。

でも、なんらかの形で、必ず二作とも再版をすることをここにお約束いたします。
欲しい人にはちゃんと行きわたる量で。


わたしはあまり、ダウンロード販売なるものが好きでなくて、申し訳ありません…
そういうもので、さくっと対応した方が、本当はみなさんは嬉しいのかもしれない。
でも、CDで、なんか変な仕様で、パカッと開けて、楽しんでもらいたい。

サークル側とリスナー側の折衷案!
というわけでこの辺でご納得ご安心はいただけませんか!
揃わないもの手に入らないものあるのいらいらするよね〜わかるよ〜わたしはそういうたちだああああああ!!!!

だから、そんなに欲しがってもらえるのなら、喜んで再版したいですとも。
懐かしい思い出みたいにいまだにいろいろ語ってくれたみなさん、ほんとにありがとう。
あなたがたがいたから、クリクラはまだしつこくなんかやってます。
まあ誰も聞かなくても、なんかやってた可能性は高いのですが。

そのようなお話でした。
具体的な動きがあればまた、ご報告します。
いつ、とは言っていない…つまり10年後でも100年後でも嘘ではないっ…!とかいうあれじゃないんでご安心ください。
こういったサークル側からの確約があれば、すこしでも気楽になれますでしょうか。

そう願いながら、ここに再版お約束の宣言を致します。

(繭木)




21:43 | 諸々お知らせ | - | -
なんだかよくわからないもの(小説まとめ)
あまりにもお久しぶりです。繭木です。一言で言えば具合が悪くて…すみません!!!
うーん、うーん。なんとか色々回復したいとじたじたしていますが、前に進めたとは言い難い状況で、情けない有り様を晒しており申し訳ありません。
サイトを管理する力もないという。
Twitterは手軽なので一番浮上しやすいのですが。
なにかをまとめておくということが難しいという情けない有り様です。

書いておかないといけないことはたくさんあるはずなのですが、どう書こうかと悩んでいると何も書けなくなるので、とりあえずひとつまとめます。

これ扱いどうしよう?と思いつつ書いたものですが、なまった頭で気楽に気楽にすべては勢いのままにということで、個人的に超短期間にビャーッと書いた小説のようなものがあります。
一切合切がただ流れるままの瞬間の思いつきであらゆる話は進みました。
まあ同人誌程度に捉えていただけたら。
Twitterに適当に投下していました。
たいしたものでもないし流れるに任せたほうが?とも思ったのですが、まあ一応、ここにも置いておこうと思います。


The Normalcy bias

──無意識あるいは意識的に、都合の悪い情報を無視、または過小評価し、「まだ大丈夫」「危険ではない」「死ぬことはない」などと考える心理。
正常性バイアス。


本編

第一話 (あるいは、井戸と鏡をめぐる果てしない口論について)

第二話 (井戸の底で醸される物議、四つの穴に潜む未知への探索と世界の終端)

第三話 (妙薬と鉛筆、そして嘘をつかない女に関しての考察)


番外編

第一話 (いかにして彼らは争いをやめ、蟻の巣の型を取るに至ったか)

第二話 (囀る子供たち)

第三話 (真作と贋作と松葉を喰む河馬)

第四話 (彼と彼女の食卓)


シリーズの原題は『Normalcy bias』、それと齟齬のある適当な邦題のイメージで、『トワイライト氏のとある一日』と題して公開していました。
タイトルからお察しの感じで、たそがれ野郎と井戸の人が基本なんかごちゃごちゃ小学生レベルの喧嘩するだけの話です。
数えたら最終的に、A5二段組の本にして300ページ弱というなんかよくわからんことになっていました。勢いって怖い。
話は主として、物事を斜めに見て断定する男たそがれなんとかさんの視点で進みます。ここに書かれたことが事実であるとは限りません。凝った表現もありません。ただ書いた。そんな感じの、ゆるい文章です。

扱いに迷いましたが、とりあえず、まとめて置いておきます。

※pdfですが、ブラウザで直接開くとルビなどおかしくなるかもです。Adobe Readerではちゃんとなってました。ので、そちらを推奨します。興味のある方だけ暇つぶしにお読みいただければこれ幸い

20:15 | 諸々お知らせ | - | -
カラオケ化の投票受付中
おひさしぶりです…ぜんぜん動きがなくて申し訳ありません!
あまり体調がよくなくて、ごろごろ寝てばかりおります。
M3も近いし、せめてラジオぐらいできれば…と思うのですが。なかなか実現できずすみません。
秋は不参加ですが、春に出られたらいいなぁ…でも新作間に合うかなぁ…という感じで情けない!
早く体調を立て直したいものです…

次何が出るかですが、今の所最有力候補は『御伽ルーシ 悪霊篇』です。
他にも、『Nursery Rhymes 3 さよならヘブンリーブルー』、『XXI シャーロットの乙女達』が同時進行していますので、この中のどれかがいつか出る!はず!!
できるだけ早く、また皆さんに新作を持ってお会いできたらなぁと願うばかりです。
思うように作品作りができないのが悔しいです…

さて、そんな情けない状況下ではありますが、JOYSOUNDのリアルタイムリクエストで、『真夜中の紅薔薇』、『冬の第八十五日』、『アンジェリカ・ムーンウォーカー』の三曲が投票受付中です。
一年以内に、上位50以内に入れればカラオケ化されます。
規約の変更がいろいろあるようで、なかなか実現は難しいかと思いますが…応援いただければ幸いです!
こちらのページから投票できます。

(繭木)
21:13 | 諸々お知らせ | - | -
もうひとつ、夏コミゲスト参加のお知らせ

もう一つお知らせを。

きたる夏コミ、8/17 日曜日、東ロ11-b 那央さんのサークル【astrogation】様で、新刊「Genuine Symphony」が発行されます。

そちらに一枚、繭木がイラストを寄稿しました。
「アーキタイプの井戸の怪物」をモチーフとして、イドとナイトを描きました。
B5カラーイラストです。後日、自家通販もあるとのことです。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?illust_id=45220662&mode=medium
にサンプルなど詳細が掲載されています。
夏コミに行かれる際、ぜひ、御手にとっていただければ幸いです。

繭木
23:24 | 諸々お知らせ | - | -
Twitterについて
昨日は、いきなりアカウントを消してしまってすみません。驚かれた方もいらっしゃったかもしれません。

お願いだからTwitterをやめてくれ、周りの人にも悪影響しか与えないといった趣旨のご意見を頂き、ショックで衝動的にアカウントを消してしまいました。
ネガティブなことを書くのが良くないということ。
わたしもずっとそう思っていたから、もう何年もTwitterをさわれず放置していました。
でも病気もカミングアウトしたし、少し気持ちを吐き出してもいいだろうかと思って、最近はよくTweetしていました。
情けないけど、今のわたしには病気が全てです。
制作のこととか、何処かに遊びに行ったとか、たのしいこと、沢山つぶやけたら本当によかったけど、そういうことはなくて、ただ破裂しそうなときガス抜きのつもりで現状を書いていました。
それが多くの方を不快にさせていたのなら、本当に申し訳ありません。

これから先、Twitterをどうしようかと迷っています。
サークルとしての公式アカウントを別に作って、そちらで宣伝だけをすればいいのか。でも、今は何もかけることがありません。
もしくは、みっともなくも個人アカウントを復活させて、また前みたいに何年も放置するしかないのか。
どうすればいいのか、わたしにはわかりません。
とても、悲しいです。
消えてしまいたい。

繭木
09:05 | 諸々お知らせ | - | -
すみません!!!
このところまた体調が悪く、全く活動できず本当に申し訳ありません!!
いつまでも復帰できなくて本当に悲しいです…
(今は私よりとりちゃんがかなりやばくて気の毒です。元はと言えば全て私が…)
ほんとうに、すみません。
なんとか元気になってクリクラとしての活動をしたいです…

(繭木)
07:31 | 諸々お知らせ | - | -
カラオケ配信について
本日二個目の記事です。

カラオケJOYSOUNDにて、6/6に『双色ダンス・マカーブル』(『リプレイ月紅レコード』収録曲)が、
翌日6/7に『たそがれ道化師』と『Nursery Rhymes 2』(ともに、『Nursery Rhymes 2 たそがれ道化師』収録曲)が配信されます。


計3曲一気に追加となりますが、こちらについては本当に、私のせいで多大なご迷惑をおかけしてしまったもので…orz
たそがれ道化師とNR2については、リクエスト投票で配信決定したのが昨年の7月、8月と一年近く前のこととなります。
(マカブルもこの冬決定分で、大分前ですね申し訳ありません…)
しかし秋頃からの体調不良の関係で、カラオケ化の諸手続きが全くできない状態となってしまい、一度は配信不可能の『ごめんなさい』ステータスとなってしまいました。
先方へのご連絡等も全くできない状態だったので、本当にご迷惑をおかけしてしまったと思っております。
ですがこの度、その旨お詫びのご連絡を致しましたところ、配信して頂けることになりました!!
ただし通常よりも配信まで時間がかかるかも…とのことだったのですが、実際にはこんなに早くてびっくり嬉しい。
(資料提出できたのが今月のことですので…orz 本当にすみません…)

というわけで、ひとえに、私の不手際でこんなに配信が遅くなってしまったことをここに深くお詫び致します!!!!
計3曲…沢山の応援を頂いていたにもかかわらず、本当に申し訳ありません。
でも本当に、配信してもらえて良かった!! ゚(゚´Д`゚)゚
Twitterにて一足先にお知らせした際にも、喜んでくださった方、歌いに行く!!と呟いてくださった方が沢山いらっしゃってとても嬉しかったです。
是非、配信されたら、他のクリクラ楽曲と一緒に歌ってやってくださいませ。
余談ですが今回の三曲は、すべて複数名で歌っているものばかりです。
ヒトカラには向かないものばかりですが、よかったら是非二人以上で歌ってみてください。
みんなで歌って、楽しんでもらえたなら嬉しいです。


投票については、これまで本当に多くの応援を頂けて…多分これで10曲?くらい入っているのではないですか?
え???なにこれすごくない????? 
そんなに規模の大きくないサークルの癖に、なんでまた…という入り方に思えます。
ひとえに皆様方の応援のお陰です。ありがとうございます!!!
熱意を持って、歌ってみたい、と思ってくださる方が多いのかなと思っております。光栄です。
(なのに今回はこんなに配信が遅れてしまって本当に本当に本当に申し訳ありません)

現在は投票可能なものがない状態なのですが、もう少し体調が回復してちゃんと管理(?)できるようであればまたリクエスト投票できる様にさせて頂きたいと思います。
これまで勝手がわからず、投票したいとしてエントリーされていたものを全ていっぺんに投票可能にしてしまっておりました。
結果としてお互いに票を食い合う形となり、配信決定まで至らず消えてしまった曲も沢山ありました。申し訳ありません…。
今後はもう少し曲数を絞って投票可能にしていきたいと思います。
(一度投票可能になって、期限切れで消えた曲は再エントリーできるのかしら?教えてえろいひと)
特に歌いたい曲とか、事前に軽くアンケート等とってエントリーするというのもありかもしれないと思ったりもいたします。
何か良い考え等お持ちの方いらっしゃいましたら、ご意見いただけると幸いです。
(Twitterとか拍手とか、なんでも結構ですのでお気軽に〜〜)


(繭木)
12:49 | 諸々お知らせ | - | -