くりくら日記

<< くりくらじお第二弾 | TOP | Epitaph2 >>
行く年
こんばんは、鳥島です。
久しぶり(何年ぶりというレベル)のブログで、書き出し方が本気でわかりません…。

Twitterではちょこちょこと書き込んでいますが、あえてこちらに書きこんでおこうと思いました。
すみません、少し今頭がボーッとしてるので、言いたいことだけ書き散らす感じになります。ごめんなしゃい。

今年は、本当に激動の年だったと思います。
何度も何度も言葉を今、探しているのですが、涙ばかり出て、何も書けません。すみません。

私は今、曲を書いています。
私達がくらやみ劇場と呼んでいる、つたないおはなし達をきいてくれるあなた達に、私達を助けてくれたあなた達に、何かを返したい。
繭木さんと、みんなと、手を繋いでいけるお話を作りたい。
そう心から思って、作っています。

いくら言葉にしようとしても、やっぱり上手く出てきません。

人の心は変わりやすく、行ったり来たりをするものです。
そして私は、これは元々の性格なのですが、幸せを感じた瞬間に、その全てがめちゃくちゃに壊れてしまう恐怖に襲われます。
明日何があるのか。いや、今次の瞬間にもどんな不幸が襲ってくるのか。それは誰にも分かりません。
そして今私達には、第一に繭木さんの病気のことがあるので、努力や根性でどうこうなる、というものでもありません。
私は、この日記を書いたことを、後に後悔するのでしょうか。今は、わかりません。

でも、書き残しておこうと思いました。
今年は、最後の最後で、信じられない言葉をたくさんいただきました。
私達の作ったものが、誰かに、希望や勇気を与えていた。
本当に、びっくりしています。

上手く、言葉にできません。
いつもこの言葉に逃げてばかりでごめんなさい。
繭木さんは、私の曲は非常に感情的で、何かを言っているように聴こえると言ってくれます。
その言葉を信じて、彼女にも何かを届けたいので、私は曲を書きます。
つい先日まで、私はその勇気を失いかけていました。
それを今、みんなのおかげで、取り戻すことができました。

普段ならありえない納期なのですが、私は今、いくらでも曲が書けるような気がするのです。
(恐らく一時的なものだろうなーと思ってます。ずっと続けばいいのにね。)
私を助けてくれた皆と手を繋ぎたいので、私は作品を作ります。

今年は、本当に本当にありがとうございました。
来年も、どうぞ宜しくお願い致します。


(鳥島)
22:00 | 日記 | - | -