くりくら日記

<< いろいろなことや、完売品『Sette Colori』および、『Nursery Rhymes』の再版について | TOP | 2.8mileさんの楽曲、『FairyRing』に対するKrik/Krakからのお詫び >>
ケルトコンピの海外勢のことなど
こんにちは、繭木です。
まずは取り急ぎ、皆さんの疑問を払拭するためにお伝えすべきことだと思われる件について、簡潔に書きますね。

会場でもメールでも、疑問を何度か頂きましたが、Krik/Krakブースでは事情が分からず答えられなかったこと、お詫びいたします。
昨日、はっきりと主催者2.8mileさんから頂いた回答をここに記しておきます。
今回、わたしたちは全く知らなかったのですが、参加メンバーを見て、海外のケルト音楽に詳しい方からはどよめきが上がりました。
え?と思っていたら、物凄く有名なプロの方だったそうです!それも3名とも!どういうこと!?どうやって呼んだの!?などと、詳しい方はかなり騒然となったそうです。

そして、それと同時に、一抹の不安も抱いたと。『そんな大御所が参加しているのに、どうして2.8mileさんは宣伝しないんだろう?本当に大丈夫なのかな?あまりにも大物すぎるぞ?』と。

実際、その件必ず明らかにしてくれと、メールをくださった方もいらっしゃいます。
にはちさんの入院のことを私のツイートで知っているから、まずこちらを先に窓口にと。

海外勢に感想送りたいけど、本当に大丈夫なのか。
主催に以下の件確認してくださいと。
そして必ずまずはKrik/Krakからの返答くださいとのことでした。
というわけで、昨日、2.8mileさんにきちんと聞くことができました。
彼らは真摯に即答してくれました。
以下にそれを、お答えしますね。
さすがに丸々コピペはしませんが、にはちさんからの正式な嘘偽りのないご回答としてまずお受け取りください。

おそらく、主催者側からのアナウンスもまた出るはずです。
よっちさんのお加減があまり良くないので、すこし時間がかかるかもしれませんが…代わって、皆様のご不安をわたしたちが拭います。

以下、昨日、主催者2.8mileのはるくんがすぐに答えてくださった内容です。
正確なる代弁者として、限りなくそのまま、載せますね。
ですので、『弊サークル』というのは、2.8mileさま。『貴サークル』というのは、うち、Krik/Krakのことを指します。


★★★★★★★★★★★★★★★

・彼らをどのようにして呼んだのか?→国内からの他参加者様と同様に弊サークル特設サイトの公募をご覧いただいて先方から参加希望の連絡を頂きました。

・弊サークルと海外参加者様はどのような関係か?→コンピレーション主催者と参加者の関係です。あくまで今回限りのご縁で特別なコネクションがあったというわけではございません。
そのため、他のサークル様へのいわゆる口利きなどもできかねます。

・海外参加者様の報酬はいくらか?→他の国内参加者様と同じです。

・著作権について問題はないのか?→ございません。
今回はあくまでコンピレーションアルバムに楽曲を寄与して頂いただけで、楽曲の著作権を参加者様から弊サークルへ委譲して頂くなどということは一切しておりません。

・販売権についても、問題ないのか?→問題ない旨を申し上げておきます。

・有名なアーティストを起用しているにもかかわらず、弊サークルからの宣伝が少なかったのは何故か?→大変お恥ずかしいのですが、私たちも繭木様と同様に彼らがそれほどに有名な方だということを存じ上げていなかったからです。
私たちの認識としては「プロで活躍されている方が偶然にもこちらの公募を見てアルバムに参加して下さっている」という程度の認識でした。

・海外参加者様から曲提供についてのアナウンスがなかったのは何故か?→申し訳ございません。
これについて参加者様の判断によるものなのでわかりかねます。
なお、海外参加者様との連絡についてですが、2.8mileと三者それぞれとのやり取りではなく、海外参加者3組との連絡をまとめて取り仕切る代表者1名の方と2.8mileとでやり取りをしておりました。

しかし、製作過程の遅れから不安を抱かせてしまい、それが理由でその方との連絡が完全に途絶えてしまいました。(メールをお送りしても、そのまま返ってきてしまうため、受信拒否などをされてしまっていると思われます。)

ですから、大変恐れ入りますが謝罪をされるということであれば、貴サークルからメールにてご連絡頂ければ幸いです。

この度はご心配とご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ございませんでした。

★★★★★★★★★★★★★★★

との、ことです。必ず回答を、と仰った方には昨夜すぐメールを差し上げました。
通販より優先となってしまい申し訳ございません。
これでその方も、皆様も含め、ご安心をいただければと思うのですが…

これが主催者様からの公式回答です。

最後の部分、対外的にこうして載せる意味があるのか、ということに非常に悩みましたが、私が以前、M3直後に、ツイッターで非常に興奮して、どなたかわからない参加者さんへ呼びかけたことを覚えておられる方はおいででしょうか…。

本当にお恥ずかしいことをした、コンピ参加者としてやってはいけないことをしたと、今は恥じています。
ただそのときは、必死でした。

(あと自分がすべて悪いとはいえ連日の徹夜が続き、相当肉体的にも精神的にもキており、また私は基本的にかなり口が悪い人間で……ああああ、しにたい、ほんとうにすみません、あのときはもう、あれしかないと思い込んでしまった。完全な視野狭窄でした。とりさんにも幻滅され、何であんなこと勝手にしたの、もう解散するよとすら言われる始末。解散は、まあわたしが心を入れ替えるならと一旦思いとどまってくれましたが…)

そして、心あるリスナー様からも、心ある他の参加者様からも、どんな理由があろうと、あの場であんな訴えをするのは、作品を楽しみにしてくれている人に不安を与える以外のマイナスの意味しかないんだよ。と優しく諭されました。

ほんとうに、そのとおりでした。

申し訳ありません…一時の激情に駆られて。
誰かがわたしの言葉足らずのツイートに即反応して、主催たる2.8mileさんへ激怒のクレームを入れたと聞きまして…

それ以前からずっと、Krik/Krakひとりのせいで制作が大幅に遅れていることについてずっと激しい不満を持っている参加者がいる。
いまだにジャケ絵が上がらないなんて信じられない。こんなコンピきいたこともない。信じられない。
その方はそう何度も2.8mileさんを罵倒し、とうとうメールの着信さえ拒否されていると。
その人が怒っていたのはわたしたちにだった。
でも、よっちさんはずっとそれを伏せて対応してきた。
ずっと私たちをかばい続け、信じて待ってやってくれと言い続けてくれたそうです。
これが主催の役目、怒られ役はわたしがするからね、と。
その方はどなたですか、直接どうか綾ませてくださいと頼んでも、よっちさんは私たちを、あるいはその方を慮ってか、教えてはくれませんでした。

その話を、以前から伺っていて…そして、参加者様に、マスタリング済みの、その時点ではまだ修正可能なデータが共有されていなかったではないのか?そして、最悪、このCDの内容自体さえ…という可能性が、本当にイベント直前に、ふと、わたしたちのもとにまさかの疑問として舞い込んだのでした。
わたしはずっとそれが不安だった。
なにもかも、主催者とよく相談しあって、快諾されたことだけやってきた。
人と関わる以上、人の作品を預かる以上、勝手なことをしてはいけないと絶対思っていたから。

でもそれは全部、私の勝手な思い上がりで、自己満足で、誰かを徹底的に踏み躙っていたのだとしたら?
そして、そんな最低の行為の上、私が怒られず、2.8mileだけが直接の罵倒を受けるの?

そんなのはおかしい!!!!まちがってる!!!!私と話してください!!!今見てるんでしょう!!!
これを見てるんでしょう!!!あなたは誰なんですか!!!私と話せ!!わたしたちだって、悪いと思ったから、製作費もたくさん立て替えて、必死になってやってきました!!あなたと話す権利くらい、あるはずだ!!

……といった、愚かなことを。必死になって、ツイッターで、喚き散らしました。
皆に諌められても、そんな繭木さん見たくないとまで悲しく宥められても、どうしても頭を冷やすことができなかった。

私は愚かでした。
そして、各自紆余曲折はあったけれど、国内の参加者様、主催者様、だれも作品に不満を抱いていないとの確認が取れました。
だから、みんなでリスナーさんの不安を拭って、堂々と売っていこうねと。

その通りだと思いましたので、一連の己の発言を消しました。
わたしは、基本的なポリシーとして、どんなバカなことでも、一度書いたことを消すのは無責任だと自分では思っています。
あくまで、自分のことです。
でもこれは、いろいろな方に迷惑がかかることだと思ったから、消しました。

でも、本当に不満を抱いていらっしゃったのは、この、海外組との交渉役様だったのですね…

昨日それを知り、呑気に、問題が解決したと思っていた自分が情けなくなりました。

はるくんの言うとおり、メール着信拒否されているなら、私たちから今こそ直接謝罪しようと思っています。
きちんとこれまでの経緯を説明し、こちらの遅れの非と、無事CDが発行されたことと、献品とお詫びをしたいことなど含め、きちんとした謝罪をしようと思います。
私たちの所業を理由に、2.8mileさまが不当に評判を落としてしまったことが、本当に申し訳ないです。
またお相手がプロの高名なアーティスト様と知った以上、かならず、きちんとした立場の人間が、単なる同人サークル代表者としてではなく、社会人としての対応を致しますので、ご安心くださいませ。


……と、ここまで長々書いてきましたが、わたしは先程のポリシーに基づき、また、今回のことを己への戒めにすべきだと思ったので、何の記録も取らず、一連のツイートを消してしまったことをひどく悔みました。

ですので、知人友人、ある程度お付き合いのある方にはすべて、即日DMを送らせていただきまして、恥ずかしながら、一連のあのわたしが暴走したツイートの記録を残している方はおられないか。と尋ねました。
本当にお恥ずかしい話ですがっ!(そのせつはみなさま、ほんとうにすみません…)

幸い、三名ほど、いらっしゃいました。
また、データをお譲り下さり、必要時にはいつわたしが公開しても問題ないと許可も得ています。
ここに残すのは、一番画質がよく、またたくさん残っているものです。
ある程度、というか、私も興奮していて覚えていないのですが、たぶんかなり、発言全部からは抜けがあります。切れて読めない部分もありますし。

ただ、わたしが意図的に自分に不利な発言を隠蔽したとはどうか、思わないでください。
己の恥部を晒すことを、せめて誠意の証と思っていただければ幸いです…
そして、諌めて下さったかたのアイコンやアカウント名は伏せさせていただきました。
(さらに、ここには残っていないのですが、「おまえはなにか関係があるのか?と聞いたのは、あなたを疑っているわけではなく、つまり、関係ないやつは今邪魔だから引っ込んでろという意味だった、言葉足らずだったようだな、すまない。すっこんでろ」(たぶん、ほぼ原文)などと発言した記憶があります)

私の愚かさの証として、やはり、消してはいけないものだったと思い、以下に残しておきます。
繰り返しますが、連日の徹夜と長旅とカフェイン剤連投で疲弊しきった上に興奮しまくったわたしが、かなり口汚く、もはや喧嘩腰で(あやまりたいんとちゃうんかい、おまえといまはおもう、でもほんとうになにがなんでもあやまりたかったのだ)怒鳴り散らしているツイートですので、御気分を害されるかもしれません。

でもこれも、私の一面です。というか、なんというか、たぶん素です。

ほんとうにすみませんでした。大人になります。
ご興味のある方だけ、ご覧ください。そして、CD自体には問題はない、権利問題などは問題ないということもはっきりしたことを、どうか、ご安心ください。


続きに頂いていたツイートの画像を貼ります。
かなり見づらいです。そして、やりとりに多少の前後などありましたら申し訳ありません。









































15:33 | 諸々お知らせ | - | -